自然素材の強くて優しい家

ようこそ 徳島すぎ 板倉の家へ

徳島の杉から生まれた、人と自然にやさしい板倉つくりの住宅です。

思わず深呼吸してしまう香りの良さ。

触れるとさらっとしていて温かい。。。

無垢の木が住む人を包み込み、心と体を癒します。

「板倉の家」は、正倉院や伊勢神宮などに代表される、日本古来の伝統的な建築技術「板倉構法」から生まれました。

4寸角(12㎝角)の柱や太い梁の溝に、厚さ30㎜のセーフティボードを落とし込んで壁をつくります。ビニールクロスやベニヤを貼らずに、床・屋根裏地もセーフティボードをそのまま化粧材として仕上げます。

その結果、家をすっぽり杉板で覆う、自然素材のさわやかな空間が生まれます。

板倉構法が「壁倍率」「防火構造」の国土交通大臣許可を取得

耐震性が強く、粘り強く復元性があり、崩壊を生じさせない安全、安心な構成であることが実証されました。さらに木材のみで構成された板倉構法の壁で「防火構造」の認定を取得しました。

五感で感じる木の良さ

時間に追われ、ノルマや人間関係に悩みストレスが人間の心と体を蝕む現代社会。

せめて家にいるときは、あったかい家族のぬくもりに触れて、疲れた自分を癒したい・・・・。

板倉の家にはそんな現代人を包み込む大きな力があります。

年齢や性別に関係なく、だれもが実感できるその数々の力にご期待ください。

目に映るやさしさ「視覚」

●木材は目に有害な紫外線の反射が少なく、「1/fのゆらぎ」と呼ばれる木の不規則な木目や模様には、パソコンや読書で疲れた目を癒す働きがあります。

いい香り「嗅覚」

●杉には貴重な天然の芳香成分が含まれていて、緊張や興奮を鎮める鎮静効果と消臭効果があります。アロマテラピーで心が癒されリラックスします。

肌に伝わるぬくもり「触覚」

●木材は熱伝導率が低い為、断熱効果が高くなります。また人体からの熱が奪われにくいので、たとえば寒い冬、素足で床や廊下を歩いても、あの、「ヒヤッ」とした冷たい感触がありません。

意外な音響効果「聴覚」

●驚くことに木は耳障りな音を吸収し、アルファ派が発生する心地よい音域を生み出す音成分が存在します。

快適は心に届く「体感」

●木には温度と湿度を調整するエアコンのような働きがあります。そのため木をふんだんに使った家は、一年中サラッとした快適な空間を維持することができます。さらに有害な、ダニやカビの発生も防ぎます。